大きすぎない靴を選ぶ

行動範囲を広げる靴

赤ちゃん

キッズシューズを選ぶ場合、まずは何に気をつければよいのでしょうか。
まずはいつから靴を履かせるかです。
ファーストシューズは歩き始めてすぐではなく、10歩程度歩けるようになってから選ぶ事が重要です。
また子供足で知っておかなければいけない事は、子供の足は個人差が大きい事、また発育が早いという点です。
同じサイズの靴でも、子供によってきつくて履きにくい、逆に脱げやすい等の特徴があります。
足長・足幅・足囲をきっちり測って足のサイズにあったキッズシューズを選ぶ必要があります。
キッズシューズの売り場には足を測るプロがいますので、一度相談する事が必要です。
また子供の場合、足に合わない靴は発育を阻害します。
すぐサイズアウトをしてしまうからと大きなサイズの靴を選ぶと、動きにくくなって行動範囲が狭くなってしまうので、丁度良いサイズを選びましょう。
幼少期の足は発育が非常に早いため、3か月から4か月程度で足を測る等のこまめな確認が大切となります。
また子供場合には成長期によって歩き方や行動範囲が変わってきますので、その時期に合わせたシューズを選ぶ事が大切です。
靴は子供にとっても非常に大事な要素なので、まずは適正なサイズのキッズシューズを選び、適度な間隔で足をはかる、または靴を見直して買い替える事が大切です。
なお、頻繁に買い替えが発生する為にお下がりの靴を使用しがちですが、キッズシューズの場合は特に履いている人の癖が靴に出てしまっていますので、お下がりではなく新しい靴を購入する事が必要です。

足の健やかな成長のために

親子

子供は、毎日たくさん体を動かし、その中で成長していきます。
足は特に成長のスピードが速く、運動機能の中心となるため、キッズシューズ選びは非常に重要です。
歩き始めた赤ちゃんが初めて履く靴は、「ファーストシューズ」と呼ばれ、その選び方が特に重視されます。
よちよち歩きの赤ちゃんの場合は、足首がまだ不安定なので、ハイカットタイプのものが多く選ばれています。
小さい子供は、自分の靴のサイズや履き心地について言葉で表現をすることが難しいので、靴のサイズが合っているかどうかを親が確認する必要があります。
キッズシューズの売り場では、子供の足を計測する機器が置かれていたり、キッズシューズに精通しているスタッフにアドバイスをもらえることがあるので、子供の靴の大きさが気になる場合には、キッズシューズの売り場を訪れるのがいいでしょう。
子供は、靴が小さくなるとつまさきを擦ったり、つまずくことが増えるので、そういったサインを見逃さないことも大切です。
キッズシューズは、着脱がしやすいことも大切です。
マジックテープ式のものでも、スリッポンタイプのものでも、履き口が広がりやすいものがいいでしょう。
子供は、たくさん走り回るので、走りやすさや機能が重視されることもあります。
機能を重視するときには、かかとに適度な厚みがあり、曲げ伸ばししやすいものを選ぶのがおすすめです。
小学生の間では、走りやすさに工夫がされている機能的なキッズシューズの人気が高まっています。

正確なサイズを

赤ちゃん

靴という物は、作るメーカーによって、微妙にサイズ感が異なります。
A社の23センチサイズが合う足の人が、B社の靴を履くと、23.5センチでないと合わないという事例が数多くあります。
それは、作る会社によって、足の甲の高さや足全体の容積の想定を違えているためとされています。
靴という物は、実際に履いてみてサイズを確かめないと、合う物が見つかりません。
それは、キッズシューズでも同じことが言えます。
キッズシューズを選ぶ際に、サイズだけで決めてしまうのは考え物です。
また、子供は成長が早いので、大きめの服を買い与える親が大勢いますが、靴に関しては感心できることではありません。
小さい子供にブカブカな靴を履かせることは、事故の原因にもなります。
キッズシューズを選ぶ際にも、子供に履かせてみてフィット感を確かめて購入することが大事です。
その際、注意すべき点として、幼い子供の足は柔らかいため、きつい靴でも履けてしまうことがあります。
まだ、口の利けない赤ちゃんでは多々あることです。
キッズシューズを選ぶ際には、採寸できるシューフィッターがいるお店で購入することです。
幼少期に正確なサイズを測ってもらえば、それを基に、足に合った靴を選び続けることができます。
シューフィッターに採寸してもらった人は、無理のない靴選びができるようになります。
赤ちゃんの靴選びも同様のことが言えます。
シューフィッターを利用した人の多くが、靴の選択に満足を覚えています。

子供のための靴

足

キッズシューズは子供の歩きが安定し、動きが活発になったら与えるべきものです。足の成長が早いため適切な靴選びをしなければなりません。足の成長をサポートしてくれるかに加え、脱着しやすいか、汗をよく吸う素材かなども重要です。

もっと読む

子どもの靴について

ベビーシューズ

キッズシューズは、成長期の子どもの足を保護し、正常な発達や骨格形成を促すための重要なアイテムです。ですから、キッズシューズを選ぶ際は、大きめを選んだりせず、きちんとお店で試着して足に合うものを選ぶことが大切です。特にスポーツをしている場合などは、用途に合わせてそれぞれに靴を揃えましょう。

もっと読む

動きやすい靴とは

ベビーシューズ

子供の足の成長のためには、サイズがしっかりあった機能性の高いキッズシューズを選ぶことがお勧めです。定期的に足のサイズを計測し、その時期に1番合うサイズの靴を履きましょう。シューフィッターなども利用することもお勧めできます。

もっと読む